あがり症克服の話し方教室(東京)-人前で話す不安や恐怖を軽減する秘訣!

パブリックスピーキングを正しく理解すること

「ナイジェリアン トリビューン」では、パブリックスピーキングに伴う恐怖や不安を軽減するには、パブリックスピーキングについて正しく知り、正しく対処することが求められると説明している。

スピーチ、プレゼンテーション、会議などパブリックスピーキングは、情報伝達と説得を目的とした、話し手と聞き手の対話である。話し手は、聞き手に対して新しい知識を教えたり、知らない情報を提供したりしながら、パブリックスピーキングを通じて聞き手の心を惹き付けて楽しませる。

そのパブリックスピーキング能力は、生まれながらに備わった能力ではない。なかには、生まれながらにして話す力が高い話し手もいるにはいるが、それはごく僅かであり、多くは練習や経験を積み重ねるなかで身に付き、磨かれる。

聞き手に対する情報伝達と説得のために聴衆分析が重要

個人差はあるものの、誰しもパブリックスピーキングには恐怖、不安、緊張は伴う。ただし、パブリックスピーキングに伴うネガティブな感情は、徹底した聴衆分析、十分な準備や練習によって軽減することができる。

とりわけ、聴衆分析は重視される。パブリックスピーキングは、聞き手に対する情報伝達と聞き手の説得を目的とするが、この目的を果たすには聞き手のニーズの明確化が欠かせない。

聞き手が求める情報を分かりやすく伝え、共感を得て理解を深めるには、聞き手のニーズに明確化が欠かせない。

相手に対する理解が不十分であると、相手が求める情報、相手が聞きたい内容などパブリックスピーキングに求めるニーズが分からない。また、相手の知識量や理解度に応じて、適した言葉や表現を選べず、相手にとって分かりやすい説明ができない。

つまり、聞き手のニーズに応じた情報発信をして聞き手の理解を得るうえで、徹底した聴衆分析が重要になる。そして、聴衆分析に基づき、聞き手が求める情報を論理的に整理し、聞き手にとって分かりやすい話の構成・展開を考えるのだ。

■ 記事関連・話し方講座/あがり症克服専門・話し方教室(初心者スピーチコース)

■ 話し方教養講座提供/©話し方教室,あがり症克服の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方教室教養講座・スタッフ委員会

●日本コミュニケーション学院のLINEができました!
LINE登録者限定で、自分に最適の講座が分かる!【話し方診断】実施中です。
↓登録はこちらから↓