話し方教室 教養講座-上司は、職場におけるコミュニケーションの在り方を改善せよ!

従業員と定期的なコミュニケーション機会を

上司が従業員とコミュニケーションをしっかりととることで、それぞれの関係性が深まるほか、問題解決力や生産性が改善される。ではいかにして、職場におけるコミュニケーションの在り方を改善するのか、バイテックブリオンが記事のなかで、その方法を紹介している。

コミュニケーションの機会が多いほど、従業員は必要とされていると感じることができ、仕事の生産性などが高まる。そのため上司などは、定期的なコミュニケーション機会を設け、1対1で面談して、考え方やアイデアを聞くことが大切だ。

また、問題解決のためには、匿名でフィードバックができるプラットフォームを設けることで、大きな効果が得られる。匿名であることで、今まで指摘できなかった問題点や、苦情などが多く集まり、手に負えない事態になる前に、その問題が解決できるようになる。

チームビルディング活動を実施し、時間外に部下にメールしないこと

職場の従業員に積極的なコミュニケーションを促進する方法の1つに、個々の間にある壁を取り払うチームビルディング・アクティビティの導入が挙げられる。みんなで楽しんでお互いを知る時間を設けることで、仕事に取りかかる際のコミュニケーションが改善され、より生産性が向上すると言える。

また、上司は勤務時間外に従業員にメールを送信することを避けるなど、過度にコミュニケーションをしないよう努めるべきだ。従業員のプライベートを尊重することで、仕事から離れられる時間を増やし、翌日の仕事へのモチベーションも高められる。また、健康的なワークライフバランスを促進することで、職場でのコミュニケーションが改善されるだろう。

■記事関連・話し方講座/管理職専門・話し方教室

■話し方講座・総合案内/コミュニケーション教育の名門・日本コミュニケーション学院 東京

話し方教室,あがり症克服,コミュニケーション教育の名門・日本コミュニケーション学院/リーダー,リーダーシップ/話し方教養講座・スタッフ委員会 提供