日本コミュニケーション学院

話し方教室・あがり症克服・コミュニケーション教育の名門:日本コミュニケーション学院(東京・横浜・名古屋・大阪)

 

「経営企画室長」の・業績分析&報告の話力 

 


経営企画室長の 心強い メンター!


● 本コースの目的
本コースは 企業の「経営企画室長や経営管理部長・本部長、および総務部長」 が、社長・重役に対して 「業績報告」をする際の、 「ポイントを突いた報告の仕方」 (そのための高度話力レジスタードトレードマーク と、予実分析の急所)を 「最速」で 習得することを目的としたコースです。


● 対象者
・現役の経営企画室長、経営管理部長・本部長、事業部長、総務部長など 。
(上記に該当しない方は、「専門相談」で、ご相談ください。)


● 入学に際し

・お電話で、いつでも、簡単に、受講申込ができます。
授業は、日時自由の 予約制で、「いつから」でも、 「今日、明日から」でも スタートできる システムに なっています。

・必要な方には、 「相談会/専門相談 」を実施していますので ご利用下さい。


 

● 解説
企業における「業績報告」で重要なものに、「年次決算」報告、「四半期決算」 報告、「月次決算」報告が あります。

企業の 単年度の 予算達成・計画達成のためには、企業活動の現状を常時、正確に 把握し続けなければなりません。

わけても、その現状把握の鍵になるのが 「月次決算」報告であり、これにはスピードと、的確な分析評価が欠かせません。

経営企画室長や経営管理部長は、社長・重役・経営幹部に対して、過不足ない月次決算分析・評価を月々実施し、その結果を 「簡単明瞭に報告」しなければなりません。

ところが残念なことに、一流企業であっても、「月次決算分析(予実分析)の報告は、単に膨大な資料の数値を 読み上げるだけに 終始している場合が 少なくないのです。

これでは、あまりにも時間がかかり、トップや経営幹部の 時間を浪費してしまいます。
その結果「今後何を、どうするか」の 対策や施策を 検討する時間が 少なくなってしまうのです。

「月次決算分析・報告」とは、本来、先の対策や 施策を 検討するための材料とすべきものですから、これでは 本末転倒と言わざるを得ません。

本コースでは、「高度話力レジスタードトレードマーク 」と合わせて 「月次決算分析(予実分析)の急所」を 習得し、経営企画室長や経営管理部長が、自信を持って トップに「業績報告」できる能力を 「最速」で開発します。

「あがって、うまく説明できない」などと、情けないことを 言わなくなること 請け合いです。


● 料金ほか
<期間> 入学随時(いつでも) 標準3ヵ月/最速1ヵ月, 回数は個別に異なる

<日時> 月・火・水・木・土・日 11時~20時15分(日時自由・予約制)

<費用> 入学金: 1万2000円<税別> ⇒ 「免除」の 特典も あります。お電話でご確認下さい。
  受講料:30万0000円<税別>/完全個人指導
               28万0000円



◎当学院が指定する業種・職種に該当する方の受講は、ご遠慮いただくことがあります。
◎話力レジスタードトレードマーク は、当学院の特許庁登録商標であり、どなたも許可なく使用できません。





 


経営企画室長の話し方教室なら名門日本コミュニケーション学院

▲ ページの先頭に戻る

コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。