会話・雑談力の話し方教室「効果的な会話をのためのカーネギーの原則」(話し方ニュース東京)

きちんとコミュニケーションができていますか?

ビジネス・コーチングの会社を設立し、多くの著作があるスコット・ジェフリー氏がコミュニケーションに関して執筆した記事が「ビジネス・ツー・コミュニティー」に3月6日掲載された。

人間はそれぞれ違った教育をされて育ち、異なる性質、意見、信念、世界観などを持っている。だからそれで会話していることは実は驚くべきことだ。

もっとも実際には言葉を交わしていても、コミュニケーションができていないことは多い。しかし自己主張を少し抑えて真心をこめれば、良い会話をするのに必要な礼儀正しさを身につけることができる。

デール・カーネギーの効果的会話の原則

著名な実業家だったデール・カーネギーは「人を動かす(原題:How to Win Friends and Influence People)」の中で、効果的な会話をするための原則を記した。

1.相手を褒めるなど、会話を友好的に始める。
2.真心をもって相手の良さを認め、伝える。
3.心から他の人に興味を持つ。
4.相手の重要さを認め、表現する。
5.わずかな改善でも褒め、改善は全て褒める。
6.相手が興味を持っている話題を話す。

人間はみんな自己中心的だ。これらの原則は驚くような内容ではないが、実行するには技術が必要だ。これらに注意を払うことによって、あなたのコミュニケーションスキルはどんどん広がっていくだろう。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/会話,雑談力/話し方教室ニュース・スタップ委員会/