会話・雑談の話し方教室「第一印象とコミュニケーションの関係性」

重要な第一印象

第一印象は重要である。初対面で悪い印象を与えた場合、二回目以降に、自分の印象を挽回するのは簡単ではない。

「Inc」では、第一印象とコミュニケーションの関係性について教授している。

相手に配慮したコミュニケーションで第一印象を良くする

第一印象を良くするには、相手を配慮したコミュニケーションを図る必要がある。相互間の発話量が均衡になり、否定的な発話内容にならないように心掛ける。

会話において相互間の発話量が両極端な場合、第一印象を悪くする要因となる。一方的に話し、自分が発話の主体になってはいけない。自己本位で自己中心的な話し手は、相手を不快にさせる。

一方、発話量が少ないことも問題である。相手の質問に対する返答が簡単で自己完結的であると、会話が続かない。質問を投げ掛けるなど、相手を配慮するように心掛ける。

批判的な会話、自分ばかり話す会話は、第一印象を悪くする

発話内容が批判的である、自分の話ばかりする場合は、相手に否定的な印象や評価を与える。

夢や目標、能力やスキル、成果や業績など自分について話すことは問題でない。しかしながら、無意識のうちに話し過ぎないように、相手の反応を見ながら加減をする必要がある。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/会話,雑談力/話し方教室ニュース・スタップ委員会