会話・雑談の話し方教室「テクノロジーにたよらず、対面コミュニケーションで生きた会話をしよう!」

「生きた会話」はテクノロジーの中ではなく、現実の中にある

9月4日のSAN FRANCISCO NEWSでは、「生きた会話」はテクノロジーの中ではなく、現実の会話だという意見について述べている。会話には私たちが考える、話す以上の人生が隠されているという。

スマホやSNSでは、本当の会話はできない

現代はスマートフォン、ソーシャルメディアなど様々なコミュニケーション手段があり、テクノロジーに必要以上に固執しているが、現実にはそれらの媒体と会話をすることは不可能だ。

一方的になるか、会話に焦点が当てられず、負のエネルギーを引き起こさないまでも、混乱を引き起こす可能性があることも否定はできない。

対面コミュニケーションなら、感覚的メッセージも伝わる

記事を投稿した人物は、週末に親族との交流の機会があった。スマホやメール、ソーシャルメディアなどに煩わされることなく、子ども時代や昔話を共有し、ゲームをするのに何のスクリーンも必要とせず、純粋に一緒に過ごすことを楽しんだという。

対面でのコミュニケーションには、意図を理解するのに目を見る、向かい合っている相手を尊重する、相手の気持ちをくみ取る、という画面だけでは届かない、様々な「感覚的」なメッセージが伝わる。

現実的に、私たちは多くの人たちとの会話を望んでいるわけではないと語る。自分自身を知り、他の人から学ぶ「会話」を通して、物事や人生の価値を見いだしているからだという。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/会話,雑談力/話し方教室ニュース・スタップ委員会