話し方教室「EUの弱点は、コミュニケーションの欠如にある」(話し方ニュース東京)

EUの課題は、コミュニケーションの欠如

ユーラクティブ・ドットコムでは9月5日、欧州委員会の将来への不安を危惧した専門家のコメントについて掲載している。コミュニケーション不足とリーダーシップの欠如は、市民の不振と将来への不安を生み出すだけだという。

リーダーシップの欠如は、コミュニケーションの欠如を生む

コメントしたのは、リブランディング・ヨーロッパのシニアコミュニケーション・ストラテジスト、スタヴロス・パパギアンヌスだ。欧州連合は今年初めにホワイトペーパーを発表。欧州の未来に対する5つのシナリオについて、保守的で進化を諦めたかのようなシナリオだと痛烈に批判。連合に対するリーダーシップへの欠如を危惧した。

リーダーシップの欠如はそのままコミュニケーションの欠如につながる。コミュニケーションの欠如はそのまま市民生活改善・課題解決の欠如につながっている。人々との強いつながりを確立できなければ、戦略的かつ効果的なコミュニケーションはどのようなツールが存在してもなし得ないと言及する。

コミュニケーションは、連合における最優先事項題である

他国が集まる規模の広い欧州において、コミュニケーションは常に欧州の泣き所であったことは確かだという。EUが民主的、経済的、文化的な力を備えるためには、コミュニケーションは連合における最優先事項であり、現存する問題の特定と解決を設定する必要がある。

そして、民間と協力する野心的なプロジェクトがなければ、グローバル化された時代についていけないだろうと指摘している。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/コミュニケーション/話し方教室ニュース・スタップ委員会