話し方教室「簡単で効果的な説得術とは?」(話し方ニュース東京)

プロ・コミュニケーターの説得術

10月24日のフォーブスでは、営業マンやネゴシエーターなど、コミュニケーターのプロが実践している、簡単で効果的な説得術を3つ紹介。すぐに実践できる「説得の芸術」とは、どのようなものだろうか。

シンプルな言葉で、伝わるメッセージで説得

まず1つは、「シンプルさと愚かさをキープすること」。これは1960年に米国海軍によって設計された原理で、システムが単純な方が明確で分かりやすいという意味。

アイデアを伝えたり宣伝したりするときは、できる限り自分らしい言葉で単純に伝える方が効果的だという。成功したマーケターや政治家も、複雑な内容を分かりやすくして伝える。自身が伝えたいことではなく、相手に伝わるメッセージが大切だという。

見える化、見せることで説得

もう1つは、「ビジュアル」。見せることも方法の1つだと話す。

例えば「一目瞭然」という言葉があるように、ビジュアルは抽象的ではなく、それ自体に力を持っている。新しい製品アイデアを、納得のいく画像にして示すことだと指摘する。

感情を動かして説得

そして最後の1つは、「感情を呼び込むこと」。感情は意志決定に大きな影響を与えると話す。

偉大なコミュニケーターは、質問をしながら相手に話をさせる。相手は話をしながら、経験や思いからあなたに関連性を見いだすと心を開き始め、説得の機会が生まれるという。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/説得,説得力/話し方教室ニュース・スタップ委員会