話し方教室「女性の説得力不足は、話し方に原因!」

女性のコミュニケーションの取り方

ザ・シドニー・モーニング・ヘラルドでは11月12日、女性のコミュニケーションスキルのあり方について専門家の著書をもとにアドバイスを行っている。女性のキャリアステップには、言葉のパワーが必要だと語る。

女性の説得力不足は、話し方に原因

同記事は、女性のリーダーシップサポートの専門家・タラ・モア氏の著書「プレイング・ビッグ」から、注意が必要な単語などアドバイスを行っており、その中で話し方、コミュニケーションの取り方を抜粋する。

氏は著書の中で、恐怖や自己評価の低さ、回りへの気遣い、謝罪などネガティブになりがちな女性特有の考えや行動を乗り越え、女性の真のパワーを身につけることを訴えている。

女性の多くは、文章の末尾の音程が弱いことを指摘。それは声明ではなく、時として疑問のようにも聞こえてしまう。女性がすばらしいアイデアや能力を持っていても、職場での討論や面接で「説得力」を欠いてしまうのは話し方に原因があるという。

普段の話し方を見直し、はっきりと確実に話すこと

はっきりと確実に話すこと、スローダウンと一時停止は信頼と威厳を伝えると語る。スピーチの時や、普段どのように話しているのかを見直す必要がある。

それによって「アップチューニング」するべきだと語っている。そしてその力を維持しながら、アイコンタクトを使って女性特有の優しさを示すことだとしている。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/話し方教室ニュース・スタップ委員会/説得力