話し方教室「人事評価は、職場のコミュニケーションを促進する」(話し方ニュース東京)

人事評価とコミュニケーションの活性化

人事評価(業績・能力・行動評価)は、ビジネスコミュニケーションに肯定的影響を与えるといわれる。

人事評価を通して、上司など査定する側と部下など査定される側のコミュニケーションをはじめ、職場内コミュニケーションが促進される。「ザ・ステイツマン」では、職場内コミュニケーションを促す人事評価について教授する。

日常的に意思疎通を図ることで、良好な人間関係を構築

人事評価の目的は、課題・問題の解決、人間関係の複雑性に対する理解より、企業・組織における適正バランスを維持することである。

評価者は、被評価者とコミュニケーションの機会をもち、被評価者のビジネス目標・目的、企業・組織のミッションについて話すように心掛ける。その際、被評価者のモチベーションを高めることを目的に、肯定的・否定的内容の振り返りを含める。

評価者と被評価者が、日常的に目標・目的、振り返りに関して話し合うことにより、職場内コミュニケーションの円滑化、良好な人間関係の構築が促される。

肯定的かつ否定的評価を下すにはコミュニケーションが不可欠

人事評価はコミュニケーションの活性化に加え、従業員の意思決定プロセスを正しい方向性に導き、人材育成・能力開発を行う機会となる。それゆえ、上司など人的資源・人事労務管理者は、企業が定める評価・査定基準を把握し、基準にそって評価することが求められる。

評価者は、日常業務を通して、被評価者に対して肯定的・否定的評価を下すのが理想的である。目標管理や目標達成以外に日常業務成果より、被評価者を評価する。人事評価には十分なコミュニケーションが必要不可欠であり、コミュニケーション不足では正確な評価ができない。

話し方教室の視点「人事評価とコミュニケーションのポイント」

人事評価を通して、評価する側と評価される側とのコミュニケーションをはじめ、職場内コミュニケーションが促進されると主張している。ただし、これには前提がある。評価者と被評価者が、日常的に、目的、目標、実績を振り返り、話し合いをしていることが前提になっている。

逆に、日常的に、目的、目標、実績を振り返らず、話し合っていないのなら、コミュニケーションは言うに及ばず、人事評価も機能しないということだ。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/ビジネスコミュニケーション/話し方教室ニュース・スタッフ委員会