話し方教室「周囲に強い影響力を与えるパブリック・スピーキング能力」

スピーチ能力の重要性

競争の激しいビジネス環境において、高い注目度、周囲への強い影響力は重要な要素である。認知度や注目度を高め、周囲に大きな影響を与えるには、パブリックスピーキング能力が必要とされる。

「バイテスタート」では、パブリックスピーキング能力と影響力のあるビジネスパーソンの関係性について論じる。

リーダーに必須のパブリックスピーキング能力

パブリックスピーキングは、契約交渉の成立や業績向上などの好ましいビジネス成果・結果に加えて、自信と影響力のあるビジネスパーソンになる手段である。

それゆえ、リーダーには、スピーチ能力(パブリックスピーキング能力)が求められる。パブリックスピーキング能力には、言語的スキル(言葉遣い、表現力、語彙力など)と非言語的スキル(身振り手振り、ジェスチャー、目線など)がある。

言語的スキルと非言語的スキルにより、話し手は聞き手に対して効率的に情報伝達できる。

パブリックスピーキング上達のコツとは?

パブリックスピーキングに強い影響力をもたせるには、話す目的に加えて、聞き手の立場から話を聞く意義を考えたうえで内容を構成する。

ストーリーテリングにより話を始め、聞き手の興味・関心をひき、内容の印象を強める。その後、根拠・証拠などの情報に基づき、伝えたいメッセージ、重要事項を明瞭簡潔に述べる。

また、話し手は、原稿を読み上げる、知識量を自慢することを避け、聞き手にとって情報過多にならないように意識する。

話し方教室の要点「リーダーに欠かせないスピーチ(パブリックスピーキング)能力」

リーダーにとって、ますます「パブリック・スピーキング能力」の重要性が増して来ている。そのスピーチ能力は、自信と影響力のあるビジネスパーソンになるための手段といってもいい。

そこで記事では、パブリックスピーキング能力を高めるコツも紹介している。意訳すると、ポイントは3つある。

1.話す目的、話し手が話したいこと、聞き手が聴きたいことを考慮した内容構成を行うこと。

2.ストーリーテリング(物語や事例)により話を始め、聞き手の興味・関心をひくこと。

3.重要事項を明瞭簡潔に述べること。(伝えたいメッセージに根拠・証拠を添えたい。しかし情報過多にならぬよう注意。)

簡単に言えば、上記3つがコツである。

しかし実際に実施できるようになるには、本学のようなレベルの高いスクールで、覚悟を決めて訓練していただかなければならないだろう。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/スピーチ,パブリックスピーキング/話し方教室ニュース・スタッフ委員会