話し方教室「影響力を持つ人になるには、コミュニケーションスキルの改善を!」

オープンな態度、的確なジェスチャーでコミュニケーション

テロ・インターナショナルの副社長であるデボラ・リンネル氏が、ビジネスなどにおいて真の影響力を持つ人になるための方法を、アソシエーション・フォー・タレント・ディベロプメンロの4月2日の記事で紹介している。

テーブルのスペースをしっかりと確保して、オープンな姿勢や態度で、的確なジェスチャーを使ってコミュニケーションをすることで、相手に対し視覚的に大きな印象を与えられる。良いイメージや信頼が得られ、記憶にも残る存在となれるだろう。

誰に対しても敬意を払い、親切・丁寧に接すること

プロフェッショナルと呼べる人は、上司や部下など関係なく、誰に対しても敬意を払い親切に接することができる。人によって接し方を変えたりしない姿勢は、周りからしっかりと評価されると言って良い。

どのような状況であっても、自身のことを考えるのは簡単だが、他の人のことを常に気にかけることは難しい。いつも気にかけられる余裕を持ち、丁寧な対応を心がけることで、大切なつながりであると、相手に対し価値を伝えることも可能だ。

話し方教室の要点「影響力あるリーダーになるためのポイント」

1.オープンな姿勢や態度で、的確なジェスチャーを使ってコミュニケーションをすることで、相手に良い印象を与えられる。

2.誰に対しても、敬意を払い親切に接することで、相手から「重要なつながり」と意識してもらえる。

影響力あるリーダーになるには、日頃からの周囲の人達への接し方が大事ということである。

良いリーダーになるには、自身の「コミュニケーションのあり方」を客観視し、改善していく必要がある。プロの力を借りたい方は、話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京でキチンと学ばれるのがよいだろう。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/リーダーシップ/話し方教室ニュース・スタッフ委員会