日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 東京 あがり症

 

ビジネスコミュニケーションの話し方教室|ビジネス・ミーティングにおいて効率的なコミュニケーションを実現するには

 
話す前に準備する、有益でないならミーティング中止も必要
ビジネスパーソンであれば、多くの時間をミーティングに費やすが、ときとして非効率的なときもある。どのように効率的なミーティングにし、コミュニケーションがとれるのか、その方法がGood To SEOの14日の記事で紹介されている。

ミーティングにおいて話す前にはしっかりと時間をとり、内容を準備することが大切だ。ミーティングは予定されていることが大半であるため、価値のある内容を考え、目的を持って話すと、より効率的なコミュニケーションがとれる。

仮に有益な内容や目的が見当たらない場合は、ミーティングを延期もしくは中止することも必要だと言えるだろう。

 
ビジネスコミュニケーション/イメージ画像
 
他の人が話している時は聞く、生産性を高める話し合いを
ミーティングの生産性を大きく低下させる理由の一つに、他の人が話しているときに口を開くことである。

話し合いがエキサイトして、同時に口を開くことがあるが、もしその状況になっても、しっかりと聞くことで、問題解決につなげられる議論が可能だ。


また、大切な部分は、繰り返したり簡潔にしたりすることで、自身はもちろん、他の人も再度内容の確認ができるようになる。

■関連リンク Good To SEO https://www.goodtoseo.com/

まとめ/話し方教室の視点と要点:ミーティングの生産性を高めるポイント

ミーティングにおいて話す前にはしっかりと時間をとり、内容を準備することが大切。

仮に有益な内容や目的が見当たらない場合は、ミーティングを延期もしくは中止することも必要。

他の人が話しているときには、自分の口を閉じる。しっかりと聞くことで、意味ある議論を。

大切な部分は、繰り返したり、簡潔にしたりすることで、自身はもちろん、他の人も再度内容の確認ができる。


かねてから申している通り、ビジネスコミュニケーションの肝は、報告、連絡、相談、打合せ(ミーティング)である。これらが効率的に進むことがビジネスの成功に不可欠である。

ミーティング・会議の運営に問題をかかえているリーダーは、
日本コミュニケーション学院東京のロジカルコミュニケーション講座で、しっかりと学ばれるのが良いだろう。

■話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/ワールドニュース・スタッフ委員会



コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。