日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 東京 あがり症

 

親子コミュニケーションの話し方教室|子どもの年齢によって異なるコミュニケーション方法

 
1~3歳は、継続的に話しかける「根気強さ」が最も重要
子どもとのコミュニケーションの方法は、年齢(成長)によって、もちろん変えていかなければならない。その効率的な方法をRIA BANERJEE氏がWOW Parentingの7日の記事において紹介した。

1歳から3歳までは成長速度がはやい。「いないいないばあ」などで、子どもの注意を引きつけたり、継続的に話しかけたりすると、言葉と動き、モノと名前を一致させて覚えられるようになる。

この年齢の子どもは、何とかして親に言いたいことを伝えようとするため、「根気強さ」が最も重要となるだろう。

 
親子コミュニケーション/イメージ画像
 
3~6歳は自ら話させ、6~10歳は笑いと親の出来事も話す
3歳から6歳の子どもには、しっかりと時間をあげて、その日の出来事などを自ら話させることが望ましい。

これにより、会話ができるようになるほか、記憶力を研ぎ澄ませることが可能。学校にも通い始める年齢になるため、新しい言葉やフレーズを教えてあげるとコミュニケーション能力の向上につながるだろう。


6歳から10歳の子どもには、多くの「笑い」が必要になってくる。お互いで面白おかしく会話をする中で、自分自身や人生というものを学んでいく。

また、一日に起こったことなどを聞いたり、親も自身の出来事を話してあげたりすることで、良質なコミュニケーションを継続できるとしている。


■関連リンク WOW Parenting https://wowparenting.com/


まとめ/話し方教室の視点と要点:親と子どものコミュニケーションの取り方のポイント

子どもとのコミュニケーションの方法は、年齢(成長)によって、変えていかなければならない。

1歳から3歳:継続的に話しかける。子どもは、何とかして親に言いたいことを伝えようとするため「根気強さ」が最も重要となる。

3歳から6歳:しっかりと時間をあげて、その日の出来事などを自ら話させることが望ましい。

6歳から10歳:多くの「笑い」が必要になる。一日に起こったことなどを聞くだけではなく、親自身の出来事を話すことも必要になる。

小さいうちは、子供は親とコミュニケーションを取りながら成長していく。親は子どもの成長に合わせてコミュニケーションの取り方を変えていく必要がある。

子供の成長に合わせて、親自身も成長しなければならないということだ。

コミュニケーション・スキルに難がある親御さんは、
話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院の話し方教室講座で、あらかじめキチンとスキルを学ばれるのが良いだろう。

■話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/ワールドニュース・スタッフ委員会



コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。