あがり症克服の話し方教室「人前で話すときの緊張を克服するポイント」

イギリスの上級管理職の50%以上が、人前で話すときに緊張

多くの人が、人前で話すことを苦手だと悩んでいる。アジズ・コーポレーションが行った調査によって、イギリスの上級管理職全体の50%以上が、人前で話すときに「緊張している」ことが分かった。

人前でしっかり話せれば、面接や自己紹介など、様々な場面で非常に役に立つとして、ロバート・ロック氏がライフハックの1日の記事で、簡単な改善方法を紹介している。

経験をシェアし、聞き手とのつながりを強めることを意識する

まずは、話の中には冗談も必要だが、最小限に抑え、自身が携わったプロジェクトでの成功例や、失敗例などを話すと良いだろう。そうすることによって、経験をシェアでき、聞き手とのつながりを強めることが可能だ。

言葉以外のことに注目してみる。例えば、「ジェスチャー」や「声のトーン」、「話すスピード」などをコントロールすれば、話す内容にプラスアルファの効果を付与することができる。

また、「緊張」を良いことだと認識するべきだ。緊張することで、アドレナリンが分泌され、より多くのエネルギーが得られるとともに、集中力も高められる。

話し方教室の視点「人前で話す時の『あがり症を克服』するポイント!」

1.イギリスの上級管理職全体の50%以上が、人前で話すときに「緊張している」ことが分かった。

2.会議では、自身が携わったプロジェクトでの成功例や、失敗例などを話すと良い。経験をシェアでき、聞き手とのつながりも強められる。

3.言葉以外のことに注目してみると良い。「ジェスチャー」や「声のトーン」、「話すスピード」などに意識を傾けてみる。

アメリカでは、スピーチの恐怖は、死の恐怖よりも上位にくる。イギリスでは、上級管理職の半数以上が緊張してスピーチする。人前でスピーチをすることは、古今東西を問わず、恐怖、プレッシャーであることに変わりはない。

何度も言ってきたが、解決するにはスピーチの「実力」を高めるしか方法はないのだ。上記の②や③で、スピーチ恐怖症やあがり症が解決することはない、と思った方が賢明だろう。

本気でスピーチの時の、あがり症、緊張を克服したい方なら、あがり症克服の名門・日本コミュニケーション学院の話し方教室で訓練されるのが一番だろう。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/あがり症克服/話し方教室ニュース・スタッフ委員会