コミュニケーションスキルの話し方教室|言葉を発するだけがコミュニケーションではないことを理解する - 話し方教室ニュース - 話し方教室日本コミュニケーション学院東京:話し方教室の名門
日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 東京 あがり症

 

コミュニケーションスキルの話し方教室|言葉を発するだけがコミュニケーションではないことを理解する

コミュニケーションは、言語を理解するだけでは不十分
コミュニケーション・スキルを改善するためには、コミュニケーションというものを理解する必要がある。言語をしっかり理解しているだけでは不十分で、言葉を発することだけがコミュニケーションではないと認識しなければならない。

ITpreneur Data System Pvt. Ltd.の4月30日の記事では、コミュニケーション・スキルを改善させる様々なポイントが紹介されている。


まずは、言葉とともに、その意味や話している内容を表現するボディーランゲージを改善すると良いだろう。意図してボディーランゲージを使い、表現力の幅を広げられれば、コミュニケーション・スキルも高まってくると言える。

 
コミュニケーションスキル/イメージ画像
 
鏡の前で、ボディーランゲージの練習を
ボディーランゲージをより有効活用するためには、鏡の前で手の使い方や、アイコンタクトの仕方などを練習することが大切。椅子に自然体で座れているかなども確認するべきポイントだ。

また、より優れたリスナー(聞き手)は、話の内容をしっかりと理解し、自身が何を発言するべきなのかなど、的確な判断ができる。聞く忍耐力を身につけるだけでも、コミュニケーション・スキルの改善につながっていく。

■参照情報・文献等/ITpreneur Data System Pvt. Ltd.


まとめ/話し方教室の視点と要点:コミュニケーション・スキルを改善するポイント

①言葉とともに、意図してボディーランゲージを使い、表現力の幅を広げること。

ボディーランゲージの改善には、鏡の前で手の使い方や、アイコンタクトの仕方などを練習することが大切。

③相手の話をよく聞く。「聞く忍耐力」を身につけるだけでも、コミュニケーション・スキルの改善につながる。

コミュニケーションには、言語コミュニケーションと非言語コミュニケーションとがある。

人間の情報収集の多くは、耳よりも、目に頼っている。そうすると視覚に訴える部分、すなわちボディーランゲージを改善することが、効果的にコミュニケーションスキルを改善することにつながるわけだ。

自らのコミュニケーション・スキルを向上させたい方なら、
話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京で訓練されるのが良いだろう。

■話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/ワールドニュース・スタッフ委員会



コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。