あがり症克服の話し方教室「人前でのプレゼンテーションの苦手意識、準備と練習で克服する!」(話し方ニュース東京)

キャリアアップに欠かせないプレゼン、スピーチの壁

ある調査ではアメリカ人の75%が、人前で話すことを苦手としているという結果がでている。

しかし、プレゼンテーションやスピーチは、自身のキャリアアップやビジネスに非常に重要であるため、「壁」となる苦手意識を克服しなければならない。その方法をキャスリン・ ウィーラー氏がジェイディージャーナルの10日の記事で紹介している。

まず、話すことに自信を持つための準備をするべきだ。ただ緊張が増すだけだと思うかもしれないが、繰り返し練習をすることで、しっかりと内容を記憶でき、より大きな自信につながる。

単調なプレゼンは飽きられる、ジェスチャーと顔の表情を駆使する

また、モノトーンで話をし続けられると、眠気などを誘うことが多い。聞き手の興味をひきつけるためには、話し方はもちろん、ジェスチャーと顔の表情を駆使すると良い。そうすることで、話の内容についての熱意もしっかり伝わるだろう。

もし、より良いプレゼンテーションやスピーチをしたいのなら、聞き手の意見は気にしないほうが良い。全員があなたのことを、好きになるとは限らないため、意志を持って、自身が目指す「成功」を見失わないようにするべきだ。

話し方教室の視点「プレゼンテーションの苦手意識を克服するポイント」

1.プレゼンテーションやスピーチは、自身のキャリアアップやビジネスに重要であるため、「壁」となる苦手意識を克服しなければならない。

2.話すことに自信を持つための準備をするべき。繰り返し練習をすることで、自信につながる。

3.聞き手の興味をひきつけるためには、話し方はもちろん、ジェスチャーと顔の表情を駆使する。

世界中の人の多くが、プレゼンやスピーチが苦手であり、及び腰である。克服のカギもまた、全世界共通。要は訓練しかない。

下手な指導者につくと、全然進歩しないのが事実。ここは、いくらか余計にお金を払ってでも、レベルの高い指導者に習ったほうがよい。時間がかからないで効果が出るから、結局は安上がりなのだ。

プレゼン、スピーチの実力を本気で高めたい方なら、プレゼンの名門・日本コミュニケーション学院東京の話し方教室で学ばれるのが良い選択だろう。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/プレゼン,プレゼンテーション/話し方教室ニュース・スタッフ委員会