話し方教室「成功を収めるためのプレゼンテーションをマスターする方法」(話し方ニュース東京)

プレゼン緊張対策、深呼吸して落ち着くことを忘れずに

ハリス・ポールで行われた調査において、対象となったアメリカ人の労働者全体の70%が、プレゼンテーション・スキルに関して、仕事を成功へ導くために必要不可欠であると回答したことが分かった。

ステイシー・ハンケ氏は14日のビジネス・ドットコムの記事において、プレゼンテーションをマスターする方法を紹介している。

人前で話すときは多くの人が緊張して「あがり症」の状態になってしまうが、それは無駄なエネルギーの消費につながる。心身ともに落ち着けるために、深呼吸することを心がけることが大切だ。

これによって、集中力が高まり、話すスピードも遅くなるといった効果も得られる。

プレゼンテーションの最初の30秒と、最後の言葉が大事

プレゼンテーションで聞き手の興味を引きつけるためには、最初の30秒が最も重要だとされている。プレゼンテーションの目的や自己紹介などではなく、物語の始まりのように、聞き手をその世界に引き込む内容の話をすることが大切だ。

最後は感謝の言葉に加え、聞き手に大きな印象を残せる一言を添えると良い。また、プレゼンテーションが終わったあとであっても、自身の行動は常にみられているということを理解し、ステージなどを降りるまで、本番のスイッチを入れておくべきだろう。

話し方教室の要点「成功するプレゼンテーションのポイントとは?」

1.アメリカ人の労働者全体の70%が、プレゼンテーション・スキルに関して、仕事を成功へ導くために必要不可欠であると回答した。

2.人前で話すときは多くの人が緊張してしまうもの。心身ともに落ち着けるために、深呼吸することを心がけることが大切。

3.プレゼンテーションの最初の30秒で、物語の始まりのように、聞き手をその世界に引き込む内容の話をすること。最後は感謝の言葉に加え、聞き手に大きな印象を残せる一言を添えると良い。

4.プレゼンが終わったあとでも、行動は常にみられている。ステージを降りるまで、本番のスイッチを入れておくべき。

ビジネスの成功にプレゼンテーション能力が必須であることは、理解に難くないだろう。

色んな情報を総合すると、アメリカで7割の人がプレゼン能力の必要性を認めるものの、7割の人がプレゼンを恐れている、ということになる。

日本なら、プレゼンに恐怖を感じる人の割合はもっと多くなることだろう。しかし、必要ならば、訓練するしかない!プレゼンの実力を本気で高めたい方は、プレゼンの名門・日本コミュニケーション学院東京で学ばれるのが良い選択だろう。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/プレゼン,プレゼンテーション/話し方教室ニュース・スタッフ委員会