話し方教室「コミュニケーションが事業の鍵となる理由とは?」(話し方ニュース東京)

コミュニケーションは職場のチームを育てる

米国メリーランド州を本拠地とする「ザ・ボルチモア・ポストイグザミナー」は6月13日、事業におけるコミュニケーションの重要性をまとめた記事を掲載した。

デジタル時代の今日では、世界中の人々と瞬時に交信することが可能になった。今や遠隔地の従業員でも社外の顧客でも、迅速に効果的にコミュニケートすることが事業の成功には欠かせない。

コミュニケーションはまず、職場のチームを育てるために必要だ。それにはリーダーが率先して意見の交換を求めるような環境を提供しよう。それによって社内での情報共有などが活発になれば、生産性が向上する。

社内コミュニケーションの改善は、顧客とステイクホルダーに及ぶ

社内のコミュニケーションが活発になれば、その影響は顧客へのサービスにも及ぶ。顧客が求めることをより良く理解するようになり、サービスの改良につながる。

コミュニケーションの充足は社員の満足度を高める。自分達のニーズが適切に対処されると社員が感じていれば、混乱や誤解は減り、士気の問題も起こりにくい。

最後に、良いコミュニケーションはサプライヤーやディーラーなど、社外のネットワークの拡大をも促進することになる。そのためにも時間をかけて、社内のコミュニケーション改善に取り組もう。

話し方教室の視点「社内コミュニケーションを改善しよう!」

1.コミュニケーションはまず、職場のチームを育てるために必要だ。それにはリーダーが率先して意見の交換を求めるような環境を提供しよう。

2.社内のコミュニケーションが活発になれば、その影響は社内にとどまらず、顧客へのサービスにも及ぶ。顧客が求めることをより良く理解するようになり、サービスの改良につながる。

3.コミュニケーションの充足は社員の満足度を高める。自分達のニーズが適切に対処されると社員が感じていれば、混乱や誤解は減り、士気は高まる。

ビジネスの世界では、「もっとコミュニケーションを!」とか、「もっと効率的にコミュニケーションを!」ということが世界的によく言われている。裏を返せば、これは「世界的に、コミュニケーションが上手くいっていない」ことの表れでもあるのだ。

コミュニケーションが効果的に行われるためには、意識、スキル、システムが必要である。つまり、まずは人々がコミュニケーションの必要性を強く意識すること。

次に、コミュニケーションの取り方のスキルを磨くこと。さらに、コミュニケーションが取りやすい環境を制度として整備することである。

そして、コミュニケーションスキルを磨く話し方教室なら、名門校の日本コミュニケーション学院が東京にある。ご利用をお勧めしたい。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/ビジネスコミュニケーション/話し方教室ニュース・スタッフ委員会