話し方教室「社交的になりたい?小さなネットワークからコミュニケーションを始めること!」(話し方ニュース東京)

社交性を身につけるヒント

「ザ・フリー・プレス・ジャーナル」は7月4日、社交性を助けるコミュニケーションのヒントをアドバイスしている。同じ考え方を持つ人など特定の小さなネットワークから始め、幅広い交流に繋げていくことだという。

小さなネットワークから始める

外交的になりたい、ネットワークを広げたいときは、まずは考え方や趣味などを同じくする人々とのネットワークに触れることだという。

地元のサッカーチームに参加する、スイミング・クラブに通うなど、特別な努力を払わなくても社会環境に馴染むことができる。その中で、知識を共有できる相手がいれば、大きなグループの会話に参加できる機会が得られる。

持っている知識によって知りたいと思う相手が増えれば効果的だ。それを足がかりに小さな会話から始め、パーティーや活動に参加することで、少しずつ幅広い交流に繋がっていくと述べている。

社交性を維持するためのコミュニケーションスキル

ここで注意点も指摘。

他人の話をよく聞くこと、笑顔を忘れないなど、会話の基本的な姿勢を常に意識し、スキルをアップグレードすること。またTVやパソコンなどとのつながりをできるだけ少なくすること。

真の会話のつながりを維持することが社会の中に参加することであり、コミュニケーションスキルを向上させることができれば社会生活をさらに向上させることにつながるとしている。

話し方教室の視点「コミュニケーションスキルを向上させ、社交性を高める」

1.外交的になりたい、ネットワークを広げたいときは、まずは考え方や趣味などを同じくする人々とのネットワークに触れること。

2.その中で、知識を共有できる相手がいれば、大きなグループの会話に参加できる機会が得られる。

3.注意点として、他人の話をよく聞くこと。笑顔を忘れないなど、会話の基本的な姿勢を常に意識し、スキルをアップグレードすることが大事。

SNSの時代である。しかし、それで真の人間関係がどれほど築けるのだろうか。

おそらくどんなに時代が変わっても、人間関係の構築は、フェイス・ツー・フェイスのコミュニケーションが基本であることに変わりはないだろう。

しかし、である。ITやSNSに忙しい現代人は、会って話すことが減っているせいか会話下手、人間関係ベタになってきている。これは世界的潮流のようだ。これでは、これからの世界が心配になってしまう。

そこで皆さんに言いたい。「ITやSNSに接する時間を減らし、人に会おう、そして話そう」と。

コミュニケーションスキルが拙い人なら訓練をすればいい。幸い東京には話し方教室の名門校・日本コミュニケーション学院東京がある。せいぜいご利用になれば良いのだ。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/会話,雑談力/話し方教室ニュース・スタッフ委員会