話し方教室「職場でのコミュニケーション不安を解決するコツ」(話し方ニュース東京)

職場でのコミュニケーションのコツ

「トレーニング・ジャーナル」では7月4日、職場におけるコミュニケーションへの不安が増加しており、それを克服するための行動をアドバイスしている。コミュニケーションの前に、深呼吸をすることだという。

職場のストレスが健康やコミュニケーションに悪影響を及ぼす

同記事では職場におけるストレスが、息切れや動悸など神経系の症状に影響し、コミュニケーションにも悪影響を及ぼすと述べている。

英国のビジネスマンを対象に行った最近の研究では、インタビューやプレゼンテーション、交渉やミーティングなどの機会により月に5回、少なくとも週に1回は不安を感じているという。不安の感情は伝染し、18%が同僚の不安を聞いて自分自身もストレスを感じると回答。

またこうした不安を上級管理職が解決していると回答したのはわずか13%であり、組織全体でのコミュニケーションの取り組みを行っているところは多くないようだ。

話す前に深呼吸をしてリラックスする

そこで従業員個人ができる対策として、「深呼吸」することをアドバイスしている。

話そうとする前にゆっくりと息を吐き、肺を完全に空にしてから再び息を吸い、空気を取り込むようにする。時間をおくことで、リラックスし、穏やかで張りのある豊かな声を発することができると述べている。

話し手がリラックスすることによって、聞き手にもストレスを感じなくなるという。緊張をほぐすことによって自信も深まり、適切で生産的な会話と業務につながるとしている。

話し方教室の視点「職場でのコミュニケーション不安を改善するポイント」

1.職場におけるストレスが、息切れや動悸など神経系の症状に影響し、コミュニケーションにも悪影響を及ぼす。

2.英国のビジネスマンを対象に行った研究で、インタビューやプレゼンテーション、交渉やミーティングなどの機会により月に5回、少なくとも週に1回は不安を感じているという。

3.個人ができる対策として「深呼吸」をアドバイスしている。話す前に息を吐き、肺を空にしてから息を吸い、空気を取り込むとよい。

インタビュー、交渉、ミーティング、プレゼンテーションなどのビジネスコミュニケーションは洋の東西を問わず誰にとってプレッシャーであるようだ。その対策として、記事では「深呼吸」をすすめている。確かに深呼吸をしないよりも、した方がよい。

しかし、実は、それだけでは抜本的解決にはならない。肝心なのは、「インタビュー、プレゼン、交渉、ミーティングなど」の「スキル」を高めることなのだ。

これには特訓しかないのだが、上記のことを教えられる話し方教室は、世界的にも稀な存在である。幸い東京に話し方教室の名門校日本コミュニケーション学院があるのだから、ご利用になるのが良いだろう。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/ビジネスコミュニケーション/話し方教室ニュース・スタッフ委員会