話し方教室「会議をコンセンサスづくりから、目標達成の選択肢づくりの場に変革する」(話し方ニュース東京)

今年の職場、組織の抱負は?

新年も始まり、新しい習慣や課題に取り組むことを公言している組織も多いことだろう。

しかし、たいていの場合、今年の始まりは昨年の終わりとあまり変わってないのが現実だろう。人類の本質としてどうしても安定性を求めてしまい、それが皆の合意であるコンセンサスを強く求めるからである。

そこで今年は、「コンセンサスづくり」から脱皮する組織づくりに取り組んでみるのはどうだろうか。

会議を変革し、組織を変革する

たとえば会議では、顧客の変化するニーズに対応するための方法を計画したい。コンセンサスを求めるためだけの会議をやめよう。つまり、会議でイエスだけを求めないということである。

代わりに、現状と今日すべきことについての真の選択肢を会議で議論することにする。その際、変更するチャレンジも積極的に受け入れよう。そういう意欲があれば、スタッフ間の関係も、自ずと今まで以上に強くなる。

また現段階での思考にとらわれすぎないようにしたい。行き詰まるからである。将来的には今とは異なる、もっと良い思考が生まれる可能性を認識して、今日の思考が永遠に有効ではないことも理解しよう。

もっとも言うは簡単だが、実現が難しいのは承知の上。しかし変革を進めることで、会社の未来が開けることを信じて、まずは第一歩を踏み出すのも良いのではないだろうか。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/会議,ミーティング/話し方教室ニュース・スタッフ委員会