話し方コラム-結束力を高める社内コミュニケーションの方法とは?

チームミーティングでメンバーに会社の目標を明示する

どのようなビジネスであっても、優れたコミュニケーションができることで、社内の結束力が高まり、成功につながっていく。よりシンプルかつスムーズにコミュニケーションをとっていくことが、ビジネスの成功の鍵だとして、その方法をショーン・ジェイコブソン氏がリーダーツーリーダーの記事で紹介している。

まずは会社の目標設定を明確に従業員へ示す必要がある。同じ目標に向かって仕事を進めるチームは結束力が高まり、誤解なども少なくなる。チームミーティングの際に、会社の目標を伝え、全員が同じ方向を向いて仕事に取り組める環境の構築をすると良い。

また、チームごとに同じトレーニングコースを受けさせることで、個々の能力の向上につながるとともに、コミュニケーション能力も改善され、チームとして更にまとまっていくだろう。

上司と従業員のコミュニケーションの時間を大切にする

同僚間はもちろん、仕事をスムーズに進めるためにマネージャーと、いつでもコミュニケーションができるように時間を設けることも必要だ。上司がコミュニケーションの時間を大切にしていない場合、従業員との間に溝が生まれる可能性もある。

上司は従業員に対し、オープンな姿勢で接し、自ら率先してコミュニケーション方法の例を示すと良い。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/社内コミュニケーション/話し方コラム・スタッフ委員会