話し方講座コラム-社内ミーティングを効果的にするには?

議論に積極的に参加する

会社はミーティングを開くことで、多くの労働力と時間を割くことになり、参加者にとっても退屈でイライラしてしまう内容になることが多い。では、どのようにして社内ミーティングを、より効率的かつ効果的なものにするのか、ニライ・マハンティー氏がオーナーズ・マガジンの記事で紹介している。

まずは、ミーティングの議論へ積極的に参加するため、そのトピックをしっかりと知っておく必要がある。また、あなた自身が、どのような発言をしていきたいのか、要点をノートなどに書き留めておき、自信を持って臨むことが大切だ。専門用語などは避け、誰でも分かる言葉を使うとより効果的に、ほかのミーティングの参加者にアプローチがかけられるだろう。

制限時間内で発言する

ミーティングで話が長すぎると、ほかの参加者の集中力がなくなり、耳を傾けてもらえなくなることもある。そのため制限時間がある場合は、その範囲内でしっかりと話を終わらせるほか、質問と回答で時間を使いすぎないことが大切だ。

また、ミーティングがあるときは、様々な人が1か所に集まる。そのため、ミーティング場所に早めに到着して、人とのネットワーキングの時間を設けると良い。それによってチーム外の人とも関係を築くことができ、あなた自身のキャリアアップにもつながっていく。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/会議,ミーティング/話し方コラム・スタッフ委員会