話し方教室コラム-良い結果を生むセールストーク・話し方とは?

セールスの顧客への要求は小さなものから

セールスメッセージで効率的に顧客からアクションを得るためには、どのようにしたら良いのか、その方法がオーナーズ・マガジンの記事で紹介されている。

相手にアクションを起こさせたい場合は、理由に何かを追加することが効果的だと言える。例えば、「休んでも良いですか?母を医者に連れて行かなければならないのです。」と最後に、正当性のある小さな理由を付け加えることで、相手の「はい」という確率を高めることができるだろう。

また、初めから大きなものを要求すると失敗してしまう。顧客に新しい製品やサービスを売り込むときは、トライアルを提供し、気に入ってもらえれば購入してもらえる。このように、最終目的を最初に提示するのではなく、少しずつアプローチをかけることが、成功への近道となる。

ストレートに売り込むより、顧客の意欲を刺激する話し方を

「これを買ってください」と直接的なアプローチをしてしまうと、「興味がありません」などといった回答につながってしまうことが多い。そのため、「これを一度試してみませんか?」など、製品やサービスを試してみたいと思う人の意欲・性質に訴えかける話し方をするべきだ。

顧客に対し礼儀正しく、情熱的・友好的な話し方ができ、誠実さを示すことも大切。また、伝えたいことが相手に理解されなくては、セールスメッセージの意味がなくなってしまうため、ポイントを紙に書き、何度も練習すると良いだろう。

■ 記事関連・話し方講座/営業,セールス専門・話し方教室

■ 話し方教室,あがり症克服,コミュニケーション教育の名門・日本コミュニケーション学院/営業,セールス/話し方コラム・スタッフ委員会