話し方教室コラム-効果的な会話・コミュニケーションの方法とは?

アクティブリスニングを実践し、ボディーランゲージに注意する

誰もが毎日のように人とコミュニケーションをとっているが、全員が優れたコミュニケーターであるとは言えない。ではどのようにして、効果的なコミュニケーションをとっていくのか、その方法をメンタル・フロスが記事で紹介している。

人の話をしっかりと理解し、返答するためには、「聞く」ことに注力しなけらばならない。アクティブリスニングを実践し、必要に応じて相手の話を繰り返し確認することも大切だ。

また、言葉以外にもボディーランゲージに注意を払う必要がある。言葉に自信があっても、ボディーランゲージが緊張を示しているときは、相手はそれを読み取ることができる。逆に、相手のボディーランゲージを注視することで、どのような気持ちであるのかが分かると言える。

互いの共通点を見つけて会話、沈黙も必要なこと

コミュニケーションをしている最中に、不定期な「沈黙」があり、緊張したり不安を感じたりする人もいる。しかし、一時的な「沈黙」は、思考の流れを妨げないようにする良いものであると認識するべきだ。

また、コミュニケーションをとる相手との共通点を見つけることで、その会話をより楽しいものにし、相手に興味を持たせることも可能だ。そのためには、話す内容をしっかりと準備し、そのトピックに精通していなければならない。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/会話コミュニケーション/話し方コラム・スタッフ委員会