話し方教室東京 コラム-在宅ワークで起こりがちなコミュニケーション疲労に対処する方法は?

自宅が職場になることでのコミュニケーション疲れの問題

在宅ワークになると自宅が職場になってしまい、オンライン会議などが頻繁に行われ、仕事から離れられなくなる人も多くプレッシャーとストレスがかかってしまう。これをコミュニケーション疲労と呼ぶが、これらを対処する方法についてタイムソフィンディアが記事で紹介している。

仕事場が自宅になっていることから、常にオフィスにいる感覚に陥ってしまい、想像するよりも早く疲労を感じてしまうため、しっかりと休憩を組み込むことが大切だ。1日を通して必ず休憩する時間を設けることで、オンライン会議などに向けて充電ができるだろう。

また、オンライン会議や電話の時間は短く頻繁に設けるのではなく、1度に重要なことを全て終えて、仕事を早く完了させられるようにするべきだ。全てのことに時間を設けて、意識的にコミュニケーションなどを実行するようにすると良い。

話していない時はカメラ機能をオフにしてコミュニケーション疲労を軽減する

オンライン会議などでずっとカメラで自身の顔を撮しておくのは、ストレスやプレッシャーを感じて大変なことでもある。そのため、あなたがプレゼンテーションなどをしていないときは、カメラ機能をオフにするだけでもコミュニケーション疲労の軽減が可能だ。

また、勤務時間は延長しないことや、時間外には連絡をとらないようにして、仕事の世界から自分を切り離す習慣を身につけることも大切だ。

■ 記事関連・話し方講座/仕事で必須の2大・コミュニケーション能力開発・話し方教室

■ 話し方コラム提供/話し方教室,あがり症克服,ビジネスコミュニケーションの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会