話し方教室コラム-コミュニケーションを改善するシンプルな方法

終わらせ方が分からないトピックは話さない

コミュニケーションは言葉だけが口からでてくれば良いものではなく、相互関係に影響を及ぼすダンスのようでなけらば意味がない。そのことを踏まえ、ドラゴス・ロウア氏がライフハックの記事で、コミュニケーションを改善するためのシンプルな方法を紹介している。

まず、終わらせ方が定まっていないトピックスについては、話を始めないことが重要。内容の薄い会話は、相手にとっても意味のないものになってしまい、結果的にあなたの評価などを下げてしまう可能性が高いからだ。

相互関係を大切にして会話を進める

「ほう」や「へー」など、曖昧な回答をするのは避けるべきだ。話を聞いたにもかかわらず、あなたの考えなどを伝えないと、相手は困惑するとともに、不満を膨らませていくことになるだろう。

また、コミュニケーションの中で誰が「正しく」、「間違っている」のかは関係ない。常に相互関係が大切であり、相手の意見も尊重し会話を進めると良い。あなたが「正しい」を証明するために、時間を費やすのは意味がないことだと認識しておくべきだ。

■ 記事関連・話し方講座/会話,雑談力専門・話し方教室

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院/コミュニケーションスキル/話し方コラム・スタッフ委員会