話し方教室コラム-リーダーは従業員とコミュニケーションをとり、モチベーションを高めよ!

リーダーは戦略を従業員にシンプルに伝える

リーダーとして従業員とコミュニケーションをしっかりとり、会社の戦略などを伝えることで、生産性やモチベーションのアップが図れるとして、LSAグローバルが記事でその方法を紹介している。

まずは、会社の戦略を従業員に分かりやすい言葉で、シンプルに伝えると良い。経営幹部による会議などでは、何度も話し合いが行われているため、上の人間は理解をしていたとしても、従業員は初めてその内容を聞くことが多い。そのため、難しい言葉を使わず、理解が得られるようなコミュニケーションをしていくべきだ。

また、物語を語るように話して、心と心がつながるような会話になるよう、心がけておくことも重要になってくる。どのようにしたら、従業員に話が伝わりやすいかを考えることが大切なのだ。

リーダーは従業員の仕事への関与を深めさせる

従業員がその戦略に対して、どのような役割を担っているのかを示すことで、仕事への関与を深めさせ、モチベーションの向上にもつなげられる。

また、リーダーは従業員の働く姿勢などに目を光らせ、信頼を構築した上で、従業員をうまく導くことも求められる。会議やEメール、社内ポータル、ニュースレターなどで常に情報発信することも、従業員の能力開発やパフォーマンス管理の面で効果があるだろう。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/リーダーシップ・コミュニケーション/話し方コラム・スタッフ委員会