会話・雑談力の話し方教室(東京)-会話の話し方をトレーニングし、優れたコミュニケーターになる!

会話の話し方は一方的ではなく、聞き手とのつながりを深めるように話す

優れたコミュニケーターになるためには明確なメッセージが伝えられ、相手の心に訴えかけられる話し方ができなければならない。そのための幾つかのポイントを、ロイトークスが記事で紹介している。

販売はもちろん、何かした体験やアイデアを伝えることもコミュニケーションであり、一方的ではなく、聞き手とのつながりを深められるように話さなければならない。

また、また聞き手の姿勢や態度にしっかりと注意を払っていれば、あなたの話に集中しているのか、興味があるのか把握することができる。そういったことをすばやく把握できれば、話し方やコミュニケーションの仕方の調整も可能だ。

コミュニケーションスキル、ボディーランゲージはトレーニングして自信をつける

ボディーランゲージは言葉以上にメッセージを伝えるものなので、しっかりと学んで誤解を与えないようにしなければならない。鏡の前で話すことを練習し、身体がどのように動いて相手にどんなメッセージを送っているように見えるのか、客観的に理解しておくと良いだろう。

また、コミュニケーションスキルの知識はもちろんあった方がよいが、自信と確信がない場合は相手からの信頼を得ることが難しい。そのためコミュニケーショントレーニングのプログラムに参加して、事前に自信を付けておくべきだ。

■ 記事関連・話し方講座/会話,雑談力専門・話し方教室

■ 話し方コラム提供/話し方教室,あがり症克服,会話雑談力の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会