会話・雑談力の話し方教室(東京)-話し方・聞き方のスキルを改善して良きコミュニケーターになる!

聞き手を知ること、簡単な言葉を使って会話すること

多くの人がコミュニケーションスキルが十分なのか、正しくコミュニケーションできているのか、疑問を抱いているがそれは普通のことだ。改善に向けポイントを掴んだ改善方法を定期的に実践すれば、より良いコミュニケーターになれるとして、アン氏がミーディァムの記事で紹介している。

自分の能力の高さを示すために、難しい言葉を使う人もいるが、それはコミュニケーションにおいては効果がない。まずは、相手に意味がしっかりと伝わるように、簡単な言葉を使って話すことが重要だ。

また、経歴や理解力など、聞き手を良く知ることで、同じレベルで話しが進められ、フォローアップや質問もよりスムーズに行えるようになるだろう。

相手の話の理解に努め、ポジティブなボディーランゲージを

ある調査によれば、コミュニケーション全体の55%がボディーランゲージによるものだとされており、多くの人が人の身振り手振り、姿勢で相手を判断していることが分かっている。

そのため、あなた自身のネガティブなボディーランゲージを、ポジティブなものに変えるだけで、大きな効果が得られる可能性が高いと言える。

また、相手の観点や話を理解しようと努めることで、より相互性が高まる。話を聞くだけに徹して、不明瞭な部分だけ質問をするだけでも、相手の話に興味があると示すことも可能だ。

■ 記事関連・話し方講座/会話,雑談力専門・話し方教室

■ 話し方コラム提供/話し方教室,あがり症克服,会話雑談力の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会