話し方教室東京 コラム-教師と保護者の効率的なコミュニケーションを実現する!

教師と保護者は定期的に会話を、フィードバックの機会を設け課題発見

生徒の健康的な学習環境を構築するためには、教師と保護者のコミュニケーションが重要になってくる。ではどのようにして効率的なコミュニケーションを実現していくのか、その方法をチャド・リード氏がジョットフォームの記事で紹介している。

教師と保護者が定期的にコミュニケーションをとることができれば、教育に関する連携が可能になる。ネガティブな部分も含めてオープンな会話を心がけ、アイデアなどを共有して絆をきずき、全ての人が前向きになれる教育環境の構築をしていかなければならない。

また、フィードバックをする機会もしっかりと設けて、双方が改善できるように課題の発見に取り組むことも大切だ。そのために、アンケート用紙などを配布して会話だけでは分からない部分の把握に努めると良いだろう。

様々なコミュニケーションチャンネルを用意、いつでもつながる環境づくりを

対面するコミュニケーションだけではなく、SNSでのグループ会話やニュースレター、ブログなど様々なコミュニケーション・チャンネルを用意しておき、いつでもつながれる環境を作っておくと、コミュニケーションの促進が可能だ。

また、コミュニケーションの目的は生徒の学習環境を整えるためであり、リスクや課題などがある場合はそれらをしっかりと伝えることで、教師と保護者の間の信頼関係をより深めることができるだろう。

■ 記事関連・話し方講座/仕事で必須の2大コミュニケーション能力開発・話し方教室

■ 話し方コラム提供/話し方教室,コミュニケーションスキル教育の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会