会話・雑談力の話し方教室(東京)-話し方・聞き方のスキルを練習で磨き、良い人間関係構築を!

コミュニケーションスキルを身につければ、会話や関係がうまくいく

コミュニケーションのとり方は人それぞれだが、新しい関係と古い関係とのつながりを深めるためには、コミュニケーションの練習が必要だ。ではなぜ練習が重要なのかが、ゼロツースキルの記事で紹介されている。

コミュニケーションは単なる情報交換の手段に過ぎないが、やり取りが複雑になったり、感情や声のトーンの変化が伴ったりする。そのため、効率的なコミュニケーションができていないと、家族や友人との関係が悪くなる可能性もある。

優れたコミュニケーションスキルを身につけておけば、どんな会話や関係もうまく行くほか相手をしっかりと観察し、思いやりを持って接することが可能となるだろう。

一方的に話さない、相手の話を傾聴し共感することで良い人間関係づくりができる

コミュニケーションをうまくとるには一方的に話したり、アドバイスをしたりすることは避けなければならない。相互的な関係をきずき問題解決などをするために、相手の言っていることに耳を傾けて共感するスキルも大切になってくる。

では具体的なコミュニケーションの練習方法はどういったものがあるのか。まずは自分の言いたいことを書き留めて、鏡の前で大声で話すことが挙げられる。相手の反応がどのようになってほしいのか考えて話すことで、話し方や声のトーンなども改善できる。また自信をつけるために、友人の前で練習することも大きな一歩となるだろう。

■ 記事関連・話し方講座/会話,雑談力専門・話し方教室

■ 話し方コラム提供/話し方教室,あがり症克服,会話雑談力の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会