話し方教室グローバル「スピーチ(パブリックスピーキング)のスキルを磨け!」

スピーチの不安・恐怖・あがり症を克服するには?

パブリックスピーキングをするのに、多くの人が不安や恐怖を抱え、うまくいかないという声を上げる。しかし、スキルを磨いてしっかりと準備をすれば、誰でも優れたパブリックスピーカーになれるとして、その方法をカーマ・スペンス氏がパブリック・スピーキング・スーパー・パワーズの7月31日の記事で紹介している。

まず、あがり症で人前で話すことに不安や恐怖を感じるならば、日頃から多くの人と話して、それを和らげなければならない。プレゼンテーションや、人と話す機会を避けず、自ら積極的に行っていくことが大切だ。

スピーチの練習を重ね、できればコーチを見つける

鏡の前に立って、スマートフォンで音声動画を撮影しながら、パブリックスピーキングの練習をすることも大きな効果がある。そうすることで、より気持ちを落ち着けられ、自身をコントロールできるようになるだろう。

また、1人で全てをやろうとせず、既にパブリックスピーキングに慣れている人など、コーチを見つけて、参考にするべきだ。また、フィードバックをもらうことで、改善につなげていける。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/スピーチ,パブリックスピーキング/話し方教室国際ニュース・スタッフ委員会