会話・雑談力の話し方教室(東京)-良い人間関係を構築するコミュニケーションのポイント!

「コミュニケーション」と「ネットワーク」の意味を理解する

SNSプラットフォームで友だちを作り、コミュニケーションすることを「ネットワークを持つ」と定義する人もいるが、それは大きな誤解だ。

ウェブメディアのピークでは「つながり(ネットワーク)」とは何か、どのようにして作られるものかを解説している。

ちなみに、コミュニケーションは情報のやりとりを行うもの、ネットワークは誰かとの関係を構築することだ。SNSは「接続」されただけの状態であり、すぐにフォローアップしなければネットワークにつながらない。

例えば、SNSやメールを使ってビジネスの相手をランチに誘う。これが接続であり、会ってテーブルを囲み、会話をするのがコミュニケーション、その中でお互いの共通点を見いだしたり、アイデアを交換したりして理解を深めることがネットワークだ。

関係構築のためのコミュニケーションの秘訣とは

ネットワークを形成するコミュニケーションの要素は2つある。1つは「感謝の気持ちを表す」こと、もう1つは「好奇心を持つ」ことである。

人は祝辞や感謝で嫌な気持ちになる人はいない。同僚や上司、家族、友人、またはクライアントでもよい。ビジネスに影響を与えた人物に対し感謝することで、それは自分を支えるネットワークの1つになる。

好奇心は、社会やコミュニティを形成するために重要な役割を持っている。相手への関心から疑問や歩み寄り、学ぶべきことなどに発展する。これが関係を深めネットワークの構築につながるからだ。

■ 記事関連・話し方講座/会話,雑談力専門・話し方教室

■ 話し方コラム提供/話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会