話し方教室東京 コラム-就職面接・転職面接はパブリックスピーキング能力と専門性を磨いて臨め!

就職面接や転職面接のためにパブリックスピーキング能力を磨く

「ミーディアム」では、就職面接や転職面接において、パブリックスピーキング能力と専門性を磨く重要性について言及している。

言いたいこと、考えていることを最適な言葉に変換して伝えるには、パブリックスピーキング能力が求められる。パブリックスピーキング能力が高いほど、自分が言いたい内容を分かりやすく相手に伝えられる。

また、その伝える力が、専門性を深めたり、業界や職種に対する理解度にもつながる。「自分の専門性を活かして、どのように貢献できるか」を伝えるイメージを描くことで、専門性や業界に対する理解が具体的になるからだ。

就職面接や転職面接のために専門性を磨く

何事も準備や練習をすることによって完璧に近づく。それゆえ、就職面接でも可能な限り、出来るだけ多くの準備と練習を行うことだ。

例えば、プログラマー職を志望して就職面接を受ける場合なら、プログラミングスキルなど志望する職種に求められる専門性を磨くことが重要だ。これにより、採用候補者の専門性、企業が求めるスキルや能力に対するニーズにおけるギャップが縮まる。

なお、専門性のベースとなるのは、基本スキルや知識である。そこで、まずは、基礎を振り返り、理解が曖昧な部分や忘れている部分を確実に理解する。専門性の土台となる基本スキルや知識を向上させることによって、専門性も深まるからだ。

■ 記事関連・話し方講座/転職,就職面接対策専門・話し方教室

■ 話し方教養講座提供/©話し方教室,スピーチプレゼンの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方教室教養講座・スタッフ委員会