話し方教室東京 コラム-人前で話すスキルを高め、キャリアアップにつなげよ!

人前ではゆっくり話す、耳障りなフィラーワードを避ける

全ての業界で、人前で話すスキルが求められ、それがキャリアアップなどにつながる。では、如何にして人前で話すスキルを改善していくのか、その幾つかの方法を「インディード」が記事で紹介している。

話すことを忘れてしまった場合などに、「えー」や「あー」といったフィラーワードを使う人が多いが、聞き手にとって耳障りになり、あなた自身にとっても伝えたいことの邪魔になってしまうため、使用を避けた方がよい。

また、あなたの言葉がはっきりと伝わるように、ゆっくりと話すようにするべきだ。聞き手が得た情報を落とし込めるように、話し続けるのではなく一時停止する時間「間」も必要だ。

人前で話す時は聞き手の気持ちをつかみ、つながりを深めること

話しながらアイコンタクトをしっかりとったり、質問を投げかけたりすることで、聞き手とのつながりを深めることもできる。

また、複雑な話の内容でも面白く興味深くする方法はある。誰もが驚くような統計や魅力的な逸話などを冒頭に話したり、個人的な話やユーモアを含めたりすることで、聞き手の気持ちをつかむことが可能だ。

■ 記事関連・話し方講座/あがり症克服専門・話し方教室(初心者スピーチコース)

■ 話し方コラム提供/©話し方教室,スピーチプレゼンの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方教室コラム・スタッフ委員会