話し方教室東京 コラム-コーチングスキルを高めてビジネスのパフォーマンスを向上させよ!

コーチングスキルは経営者や管理職に不可欠

「アントレプレナー」では、コーチングスキルを高めるうえで、技術的なスキルを習得する以上に正しい習慣を身に付けることが求められると説明している。

近年、ビジネスにおいて、コーチングの重要性は高まりつつある。コーチングはコミュニケーションスキルであり、コーチングスキルを高めればパフォーマンス向上や業績改善、人材育成や能力開発が可能になるという。

それゆえ、企業・組織の経営陣、管理者、マネージャーやリーダーにはコーチングスキルは欠かせない。

コーチングスキルを高めるための正しい習慣

コーチングスキルを高める習慣として、まず、傾聴が挙げられる。コーチングでは、会話を通じて話の内容を正しく把握し、相手の考えや気持ちを深く理解したうえで、相手のニーズを正確に捉える必要がある。そこで、傾聴力が重要になる。

そして、常に責任をもって行動することを心掛ける。コーチングには責任感が求められる。そこで、日常のあらゆる行動に100%の責任をもち、弁解や釈明はしない。自分の失敗、ミス、間違いを素直に認め、全ての責任を負う。

とりわけ、日常を通じて「自分らしさ」を表現する。「自分らしさ」を示すなかで権威を高め、その結果、周囲の信頼と尊敬を得られる。コーチングでは、相手との信頼関係が欠かせない。

■ 記事関連・話し方講座/エグゼクティブ・コーチング

■ 話し方コラム提供/©話し方教室,コーチングコミュニケーションの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会