話し方教室東京 コラム-面接試験に合格するコミュニケーションスキル!

面接では声のトーンとボリュームに気をつけ、良い第一印象を与える

仕事の採用面接に臨む際に、ポジティブな口頭でのコミュニケーションは必要不可欠で、ノンバーバル・コミュニケーションと組み合わせると、面接官に素晴らしい印象を残すことが可能だ。ではどのようにして、そういったスキルを改善するのか、その方法の幾つかをインディードが記事で紹介している。

ポジティブな第一印象を与えるためにまずは、声のトーンとボリュームに気をつけるべきだ。中音量の心地よい声で、話すと良い。声が大きすぎると傲慢さを相手に感じさせ、小さすぎると自信がないとみなされる可能性が高くなるからだ。

また、面接であっても自身が話すことに集中しすぎるのではなく、面接官の言葉にしっかりと耳を傾けて、うなずいたり笑ったり、「なるほど」、「それは面白いですね」など、単語やフレーズを用いて聞いていることをアピールすることも大切だ。

面接官の質問に、明確・簡潔に回答できる準備を

面接官からの質問に対して、明確かつ簡潔に回答できるようにしておくと良い。できる限り少ない言葉で自身をしっかりと表現できると効果的だ。

また、長所と短所について聞かれた際に、あなたが何ができて、何ができないのか明確に示すことで、雇用主が追加でどういったトレーニングが必要になるのか理解することができる。

緊張を和らげたり相手とより深くつながったりできるように、ユーモアを交えて話すことも忘れてはならない。そのユーモアに面接官が反応してきたら、さらに話を進めることができ、よりアピールが可能となるだろう。

■ 記事関連・話し方講座/面接試験 対策専門・話し方教室

■ 話し方コラム提供/話し方教室,あがり症克服,コミュニケーション教育の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会