話し方教室東京 コラム-職場での対立や言い争いを回避するコミュニケーションスキル!

言い負かすスキルよりも、フィードバックで意見を共有する能力を

職場での対立、言い争いは、ある程度は健全なことだが、節度を保つことが大切だ。フォーブスでは、意見の相違を共有するコミュニケーションの改善方法について、専門家のアドバイスを掲載している。

何かを指摘されたり、否定されたりすることがあるため、人は言い負かすスキルを身につけようとするが、実際にはフィードバックを行いながら意見を共有していく能力を身につけることが重要だ。

まずチーム間の話し合いや、アイデアを出し合う状況では、人はそれぞれ意見を持っているということを認識しておく。

無礼には対処する必要があるが、対立を回避する話し方を

またコミュニケーションには礼節があるため、無礼な場合は対処する必要がある。言い負かそうとすると余計な時間がかかり、黙っていると伝わらない。

そこで「その答えは意外です」「意味を明確にできますか」「あなたの意図とは思えませんが」などの意味合いの言葉を試し、相手に考えて伝える余地を与える。

自分が話をするときも注意する。価値観の共有は、行動や態度にリンクされることが多いため、相手への優しさ、尊重への逸脱がないかなどを確認しながら、コミュニケーションすることが大切だとアドバイスしている。

■ 記事関連・話し方講座/ワンランク上の話し方教室

■ 話し方講座・総合案内/ビジネス話し方教室(東京)・目的別 話し方講座 一覧

■ 話し方コラム提供/話し方教室,あがり症克服,コミュニケーションスキル教育の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会