話し方教室東京 話し方-リーダーシップを強化し「つながり・絆」を深めよ!

対面コミュニケーションの減少で、つながりが弱まっている

対面でのコミュニケーションの減少は、仕事の現場に影響を与えている。フォーブスでは、リーダーシップを強化することが仕事における効果的なコミュニケーションを醸成するという記事を掲載している。

リモートワークの初めの混乱がなくなり、従業員は慣れてきたところだが、リーダーにとっては、よりつながりを感じるためのコミュニケーション改善の必要性を感じる時期でもある。

ある組織のリーダーは、営業、マーケティング、運用、研究開発などの代表者と週ごとにレポートの提出と会議を行い、前週の経験やよいニュースなどを共有しながら、組織の優先事項や円滑なコミュニケーションの確認を行っている。

リーダーはビデオチャット疲れを意識した施策の実施を

最近はビデオチャットの価値が高まる一方で、利用することの疲れも出ている。そこで従業員のコミュニケーションマニュアルやトレーニングを採用し、チャネルを必要最小限にとどめて話し合いやプレゼンテーションを実施することをすすめている。

そして最も重要なのは、リーダーシップの強化だ。対面でも、遠隔でも、つながりとミッションを強く意識することが大切だとしている。

■ 記事関連・話し方講座/エグゼクティブコーチング

■ 話し方コラム提供/話し方教室,あがり症克服,コミュニケーション教育の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会