話し方講座コラム-エンゲージメントの向上はコミュニケーションから始まる!

従業員とマネージャーのコミュニケーションの重要性

ザ・ネイションでは、エンゲージメント(企業と従業員との繋がりや絆)の向上は従業員の関与が大切であり、マネージャーの日々のコミュニケーションとコーチングが大切だというアドバイスを掲載している。

通常、効果的なコミュニケーションは、情報を上から下に伝達し、その後フィードバックを下から上に戻す。これにより、メッセージの曖昧さが軽減され、ブランド力を強化することができる。

そのためには従業員とマネージャー間のコミュニケーションは特に重要だ。ある調査によると、従業員に個人的、または関連性の高いコミュニケーションを提供することは、企業に競争力をもたらし、ポジティブに影響するという。

日々のコミュニケーションを改善しエンゲージメントの向上を

適切なメッセージと口頭でのコミュニケーション配信で、従業員が情報にアクセスする方法を選択できるようにすると、コミュニケーションはより魅力的になり、エンパワーメントと尊重の感覚が生まれる。これは経営側にも従業員側にも、不信感のない安全な場所を確立することにつながる。

コミュニケーションはアンケートやミーティングなどで評価されがちだが、実は多くの場合、日々のコミュニケーションから始まっている。マネージャーは従業員が関与できる環境を改善し、自己認識を高めるコーチングとトレーニングを行うことが重要だとしている。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/マネジメントコミュニケーション/話し方コラム・スタッフ委員会