話し方教室コラム-親子の会話は「赤ちゃん言葉」ではなく、正しい言葉で!

親の言語が子供のコミュニケーション発達に関係する

ワシントン大学は、赤ちゃんに対する親の会話が、子供の言語スキルを発達させるというの研究結果を発表。親と子のコミュニケーションの関連性はこれまでも推測されていたが、正しい発音や声のトーンが影響することを証明している。

新しい研究は、48組の親子からランダムに親を選び出し、幼児が6か月、10か月、14か月に成長するたびに親にコミュニケーションのコーチングを行い、会話を記録。その後18か月の赤ちゃんがどのように変化したかを調べている。

親には昔から使われている「赤ちゃん言葉」ではなく、ガイダンスに沿って実際の単語、発音、声のトーン、表現方法など、文法に則して赤ちゃんと会話する練習が行われ、フィードバックも提供している。

正しい発音、高めの声のトーン、ゆっくりとした話し方で赤ちゃんの理解力が高まる

結果として、コーチングを受けた親の子供は、話し手と聞き手が交互に話すターンテーキングが発達し、子供の言葉の発声にも違いが出た。さらに語彙にも大きな差が生じ、ほかの子供が60の言葉を覚えたのに対し、コーチングを受けた親の子供は100語と推定されている。

正しい発音と高めのトーン、ゆっくりとしたスピーチスタイルで赤ちゃんに話すことで、理解能力が高まることを実証した。

この研究では、親の言語が赤ちゃんの最初の社会的コンタクトであり、それが言葉、文章になり、人としてのコミュニケーション発達をサポートすると報告している。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/親子コミュニケーション/話し方スタッフ委員会