話し方教室コラム-誕生日によって子供の発達の違いは大きい!

子供の誕生月によるコミュニケーション能力等の差

アルバワーダでは2月2日、同じ学年の子供でも、生まれた時期によって発達レベルが異なるというイギリス教育省のデータをもとに、早期教育に関する専門家の意見を掲載している。

同省が2019年に発表した初等教育のデータによると、身体的、精神的な発達、および言語発達とコミュニケーション能力、数学などの発達レベルは誕生月によって異なると発表している。

早期教育などスキップが期待できる子供のうち、春・夏生まれの子供は61%。それに対し秋・冬生まれの子供は79%と差が出ている。このデータは当然のことであると専門家は述べる。

早期教育は子供の利益を最優先にすべし

9月を新年度とするイギリスは、早期教育をさせる場合、秋・冬に生まれた子供たちは5歳に達しているが、春・夏生まれの子供は4歳児だ。人生経験が20%少ないため、身体的・精神的発達やスキルにも20%の差が出てしまうという。

とはいえ、年齢が上がるにつれ徐々にその差は狭まってくるということも実証されている。専門家は、早期教育は子供の利益を最優先に考慮し、親へのサポートや適切な意思決定が行われるべきだと報告している。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/コミュニケーション能力/話し方スタッフ委員会