話し方教室「プレゼンテーションのストレスを和らげるには?」(話し方ニュース東京)

ストレスを軽減するには何が必要か?

ヘルス24ではストレスを軽減するためにはどうすれば良いか、精神科医のアドバイスを掲載。ストレスによる悪影響を最小限に抑えるためには、日頃からの準備、そして感情を適切に表現できる柔軟性が必要だという(2018/09/10)。

精神科のリー・バンデン・フーベル医師によると、健康と成功を手に入れるためには、ストレスを避けてはいけないと述べている。ストレスを回避することは不可能であり、ネガティブに挑戦することで、感情をコントロールする能力、環境に適応できる能力を育てることができるからだという。

最善のアプローチは、何が起こっているのかを認識し、問題を再構成することだと指摘。これはポジティブな思考パターンを増やす機会でもある。

プレゼンテーションのストレスなら「適切な準備」がそれを和らげる

また挑戦する力を養うこと。これは事前に準備できるものも少なくない。プレゼンテーションに挑戦するなら、締め切りなど、時間を管理し適切な準備を行うことで熟練され、自信につながりストレスに圧倒される可能性は低くなる、といえる。

さらに自分の限界を知り、それに応じて行動すること。仕事でも生活でも「はい」ばかり言うのではなく、自分自身が何を欲しているか、どう考えているか自己表現し、コミュニケーションをとることで、より良い人間関係を構築できると述べている。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/プレゼン,プレゼンテーション/話し方教室ニュース・スタッフ委員会