プレゼンの話し方教室(東京)|声と話し方を改善し、より良いプレゼンテーションを実現する!

声と話し方を改善する

私たちは毎日 声を使って会話しているが、重要なのはビジネスでもそれを必要としていることだ。プレゼンテーションではクライアントや同僚と、声を使ってコミュニケーションをしており、どんな業界でも影響力を与えるものとなる。

では、いかにしてその声や話し方を改善して、より良いプレゼンテーションやスピーチを行っていくのか、その方法を、ジミー・キャノン氏が自身のサイトで紹介している。

声の改善には、呼吸と共鳴が肝心

腹式呼吸などでしっかりと呼吸をし、喉から緊張を取り除くことで、より魅力的で多様な声を作りだすことができる。

また、顔の前面部分と胸部を共鳴させるようにして話すと、より感情が伝わりやすくなる声がだせるようになる。胸部の共鳴を増やすことができれば、男性は低い声がだせるようになり、オーディエンスにより威厳を感じさせることが可能だ。

また、フレーズや単語のピッチ(※速度や回数)に変化を加えることで、プレゼンテーションやスピーチなどに抑揚がつき、よりオーディエンスを引きつけることができる。

■ 記事関連・話し方講座/初心者スピーチコース(発声,発音,ボイストレーニング)

■ 話し方コラム提供/スピーチ,プレゼンテーションの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会