話し方教室 コラム-優れたスピーカーになる秘訣!

良き話し手になるには、練習を習慣化すること

優れたスピーカーになるためには、成功に向けて練習を習慣化し努力することが大切だ。では、具体的にどのようなことをしたら良いのか、その方法をニック・モルガン氏が、ピーアール・デイリーの記事で紹介している。

まずは、発声練習も含めて、定期的に「話すこと」を練習するべきだ。車の運転中やシャワーをあびているとき、何かの列に並んでいるときなど、何かの合間に練習する習慣を付けられると良いだろう。

人前で話す緊張感に慣れ、話し方を日々改善すること

友達などに囲まれて、人前で話すことに慣れておくと、その独特な緊張感に慣れられる。そして、話したことが理解されたかどうか、内容の確認や改善にもつながっていく。

また、毎日目標設定を見直すことも重要。目標がしっかりと定まっていないと、改善するべきことや、スピーカーとして良い方向に向かっているのかも分からないからだ。

スピーカーとして成功するには、生活習慣にも気を付けなければならない。当たり前のことではあるが、話す内容に固執しすぎていて、それを見失う人も多い。しっかりと運動・食事をして、睡眠をとって常に健康な状態を保つことを心がけよう。

■記事関連・話し方講座/初心者スピーチコース(あがり症専門・話し方教室)

■話し方講座・総合案内/スピーチ,プレゼンの名門・日本コミュニケーション学院東京

話し方教室,あがり症克服,コミュニケーション教育の名門・日本コミュニケーション学院 東京/スピーチ,パブリックスピーキング/話し方教室コラム・スタッフ委員会 提供