話し方教室東京 コラム-次のプレゼンテーションにつなげる秘訣!

プレゼンテーションの内容に精通する、徹底的に理解すること

プレゼンテーションを行うのは誰しも不安を感じてしまうものだ。しかし少しの準備と練習を行っておけば、多くの人を釘付けにすることができる。では、次のプレゼンテーションにつなげるにはどうすればいいのか、リチャード・マクスウェル氏が「クラフィティス」の記事で紹介している。

プレゼンテーションで人を引きつけ大きな影響を与えるためには、そのトピックや内容に精通しておかなければならない。事前調査や学習をしっかりと行い、自身が徹底的に理解した上で発表すると、より魅力的なプレゼンテーションになるだろう。

また、話し方や言葉選びだけでなく、フォーマルな服装で見た目から良い印象を与えることも大切だ。

プレゼンテーションを録音して練習、改善点を発見する

プレゼンテーションで重要なポイントを忘れてしまうことほどイライラすることはない。そのためプレゼンテーションをボイスレコーダーなどで録音して、繰り返し練習を行い、より完璧に近づけておく。また、録音することで改善点の発見にもつながるのでお勧めだ。

また、話だけでは伝わりにくい情報は、スライドなどを使用して視覚的に訴えることが効果的だと言える。うまく見える化することで複雑なアイデアも、より明確に伝えられるだろう。

■ 記事関連・話し方講座/実戦20分プレゼンテーション能力開発・話し方教室

■ 話し方コラム提供/©話し方教室,スピーチプレゼンの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方教室コラム・スタッフ委員会

●日本コミュニケーション学院のLINEができました!
↓登録はこちらから↓