話し方教室東京 コラム-コミュニケーションスキルを伸ばし人間関係を改善する!

遠回りな表現をせず明確に伝える、相手の話を傾聴し理解していることを示す

人間関係がうまくいっていない場合、その主な原因の1つにコミュニケーションスキルの欠如が挙げられる。ではコミュニケーションスキルを伸ばすためにはどうしたら良いのか、ドミニカ氏が「デイリー モチベーション」の記事でシンプルな方法を紹介している。

まず、遠回りな表現をせず、明確に物事を伝え、相手の言うことにも耳を傾けて話を完全に理解していることを示すと良いという。また、感情を可能な限り抑えて、相手との関係構築に努めるべきだとも言っている。

あなたがミスなどをした場合は、その落ち度を認めて謝罪し、それが二度と起こらないように責任を持って対策をしておくと、相手もその姿勢を認め、同じ行動をとってくれるようになるだろう。

笑顔で、自信を持って話すと「ノー」と言われる可能性を減らせる

コミュニケーションを取るときは自信を持つことで、あなたの求めることに対して相手が「ノー」という可能性を減らすことができる。相手に笑顔を向けて、話を聞いていることや同意を示すためのボディーランゲージを忘れてはならない。

誰でも都合の悪い時間や、急いでいるときなどは話をしたくない。そのためコミュニケーションを取りたいのであれば、互いにとって都合の良い時間を狙うべきだ。

■ 記事関連・話し方講座/仕事で必須の2大コミュニケーション能力開発・話し方教室

■ 話し方コラム提供/©話し方教室,コミュニケーションスキル教育の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方教室コラム・スタッフ委員会

●日本コミュニケーション学院のLINEができました!