話し方教室東京 コラム-学生のコミュニケーションスキルの伸ばし方!

相手にメッセージをしっかり伝えるために、ゆっくり話す

コミュニケーションスキルは、学生生活においても大きな影響を与えるものであり、互いの考えを理解したり、長所や短所を認識したりすることが可能だ。

ではどのようにして、学生はコミュニケーションスキルを伸ばすことができるのか、その方法をジェイソン・ロビン氏が「コンプレックス タイム」の記事で紹介している。

さまざまなことを伝えようと、早く話してしまう人が多いが、相手に適切に理解してもらうには、ゆっくり話すことが大切だ。メッセージを適切に伝えることに集中し、ポイントを明確にすると良い。

相手の話をよく聞き、質問することで学びと関係性も深まる

また、相手の話をしっかりと聞いて、その内容に関して聞いてみることで、多くの情報を得ることができる。そしてそこから多くのことを学ぶこともできる。

相手に話したいことがしっかりと伝わらないと、コミュニケーションを取った意味がなくなってしまうため、事前に話す内容をしっかりと決めて準備をしておくと良いだろう。

新しいことを知ったり、どのように相手が考えていたりするのかを知り、会話を深めるためには質問を多く投げかけることも大切だ。そうすることで、相手との関係も深められる。

もし、相手が急いでいたり、怒っていたりしても尊重する気持ちを示し、しっかりと考えを受け止めることも忘れてはならない。

■ 記事関連・話し方講座/仕事で必須の2大コミュニケーション能力開発・話し方教室

■ 話し方コラム提供/©話し方教室,コミュニケーションスキル教育の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方教室コラム・スタッフ委員会

●日本コミュニケーション学院のLINEができました!